40代でアルバイトをしながら生計を立てる

最近ネットのニュースで見聞きしたのですが、40代でアルバイトをしながら生計を立てている人が数多くいるそうです。普通、40代と言えば働き盛りで仕事に打ち込む年代ですが、それができずにアルバイトをするのは一体どんな気持ちなのでしょうか。

ただ、私はそのニュースを他人事とは到底思えません。なぜならば、私も現在正社員の職には就いておらず、アルバイトで生計を立てる30代だからです。つまり、そのニュースになった40代とは、将来の自分ということになります。

今は大丈夫などと楽観するつもりはありませんが、何とかしなければいけないと私は思っています。

私が今まで経験したアルバイトの中で一番印象に残っていて、おまけに一番長く続いたアルバイトは高校に入学してすぐに始めたものです。

当時アルバイト情報誌を見て英会話学校のチラシを配るという仕事があったので、これなら学校が終わったあとにできそうだと選んだのですが、それは正解でした。

学校が終わりそのまま英会話学校へ行ってチラシを受け取ると、決められた駅前でそのチラシを配るのですが、いつからいつまでと決まった時間もなく、チラシを配り終えればアルバイトはそこで終わりなので、かなり時間の自由が利いた気楽なアルバイトでした。

やってみたかったアルバイト

私は、アルバイトについて後悔していることがあります。それは、単発や短期のアルバイトしてみたかったということです。そうすれば、もしかしたら色んな種類のアルバイトを経験できたかもしれません。1つのアルバイトをやっていただけの私は、仕事に慣れてくると同時に、物足りなさを感じるようになってしまいました。

月に1度だけでも単発のアルバイトをしたら、心機一転もっと頑張れたのではないかと思うことがあります。単発や短期だけのアルバイトをたくさんこなしている友人の話を聞くと、かなり楽しそうだったので、一歩踏み出しても良かった気がしています。
[PR]
# by xfexkh | 2014-08-26 01:37

本屋さんのバイトは重労働

私は本屋さんでアルバイトをしたことがあります。どうして本屋さんで働いていたかというと、本の香りがとっても大好きだからです。

基本はレジに入って仕事をするのですが、なんと力仕事もあるのです。それは、入荷してきた大量の本を運んで、陳列棚にきれいに並べる作業です。

本ってかなり重たいんです。そして、中腰の体勢になっての作業が多いので、腰を痛める人が多かったです。私はかなり気をつけて作業をしていたのですが、それでも腰や肩、足に負担がかかっていました。

なので、本屋さんでアルバイトをしたいと思う方は、体力に自信がないと長くは続かないと思います。それでも大好きな本の香りに囲まれて仕事できるのは楽しかったです。

昔から出会いを求めるアルバイトって何故か居酒屋が結構上位にランクインするけど、個人的にはコールセンターが熱いと思う。

正直、アルバイトを探す段階で求人誌とか見たら確かに居酒屋の募集って割と可愛い女の子の写真が多くて魅かれるけど、時給と働く時間を考えたり自分が飲みに行くと忙しそうで特別な出会いも無く働いたら割に合わない気がして、結局同じように女の子が可愛いコールセンターでアルバイトしたんだけど、これが最高だった。

時給1000円以下なんて有り得ないし基本的に遅くても21時に終わる所が大半で主婦も居るけど若い子も多く仕事帰りに「飲もうよ!」なんて当たり前、仕事はエアコンが効いた室内でマニュアルを読んで対応出来るし当分は辞めれそうにないなぁ~
[PR]
# by xfexkh | 2014-07-07 18:52

3年間続けたアルバイト

私が、高校の時に3年間続けたアルバイトは、レストランでのバイトです。
実家が飲食店経営だったので、その父の知り合いのレストランで働かせてもらうことになりました。

主な仕事は、お客さんがきたら水を出し、注文を聞き、厨房へ通す。
料理が出来たらそれを運び、お客さんが帰ったらお皿を下げる。
開店前には机や窓を拭く、暇な時間には箸を袋に入れたり、備品の補充をする等々・・・

厨房がとても狭いレストランだったので、そちらには入らず、ひたすらホールでの仕事でした。

そこの五目ラーメンがおいしくて、たまーにおごって貰ってたのが良い思い出です♪
高校3年生のときに、1日だけの短期アルバイトでタウンワークを配るアルバイトをしたことがあります。

求人情報誌を配るのに、なぜか場所がオフィス街だったこともあり、なかなか受け取ってもらえず苦労した思い出があります。
しかも冬だったのですごく寒くて結構辛かったです。
何度も受け取りを拒否されて心が折れそうになりましたが、たまに笑顔で「ありがとう」と言って受け取ってくれる人がいて、そのときはすごく嬉しかったのを今でも覚えています。
それ以来、道端でチラシやティッシュを配られたらできるだけ受けとるようにしています。
[PR]
# by xfexkh | 2014-06-19 10:35

イベント関連業務の夏休みバイト

私は大きな施設でイベント関連の夏休みバイトを行った経験があります。仕事内容はイベント開催前の準備として、開催の現場で開催にかかわる準備などの作業を行いました。

主に開催の現場でテントを張ったり、ブースの中で椅子などの様々な備品を設置するなどの夏休みバイトを行いました。

仕事自体は専門的な知識を必要としなかったので、基本的に作業責任者の指示に従って作業をすれば良いので、あまり難しい作業では無かったです。

また、ある程度の備品の重さがあって、備品を運ぶのに苦労したが、走って体力を使う場面は少なかったので、楽しみながら夏休み バイトを行った印象があります。

イベントバイト以外では、個人的に結構好きだったアルバイトは本屋のバイトです。休憩時間に店内の本をある程度自由に読むことが出来たほか、欲しい本を購入する時は従業員割引で購入することが出来ました。

店内の本の中で読んではいけない本は、ハードカバーの本など読むと形が付いてしまうような本に限られていたため、漫画も文庫本も自由に読めました。

その本屋は結局、売上不振のため店舗が閉鎖され、今はなくなってしまいました。

よく言われる出版不況っていうのを肌で感じることのできた職場でした。実際、来店するお客さんはそれほど多くなかったので、店舗の閉鎖の話を聞いた時もなんだか納得してしまいました。
[PR]
# by xfexkh | 2014-06-14 20:40

アルバイトはなかなか時間が経ちません

経験者はわかるはずですが、やったことない人はたまに道で椅子に腰掛けてカチャカチャ数を数えているのをたまに街でみかけると思いますが、あの交通量調査のアルバイトはけっこうきついです。渋滞の長さの調査と、車が通る数を数える調査をやったことがあります。

やってることは、私が経験したのは単に通った数をカチャカチャとカウンターを押すだけなんです。ただそのことが逆にきついんです。あまりに簡単な作業の繰り返しなので、時間がなかなか経たない。いつまで経ってもアルバイトが終わらないんです。

お金をもらう為だと完全に割り切ってであれば、特に苦労なくできるアルバイトではありますが、とにかく時間が経たないことがきついです。
[PR]
# by xfexkh | 2014-06-07 10:55